プリウスで追突、起訴猶予 地検「ブレーキ異常なし」

2010年7月29日21時2分 朝日新聞

 千葉地検松戸支部は29日、千葉県松戸市内で昨年7月、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」を運転して追突事故を起こし、自動車運転過失傷害容疑で書類送検されていた男性を起訴猶予処分にしたと発表した。

 この事故では、男性が、警察に「信号でブレーキを踏んだが利かなかった」と話したことから、国土交通省がトヨタに調査を指示。トヨタは今年2月、安全上の不具合を認めてリコール(回収・無償修理)していた。一方、地検松戸支部は、捜査結果などをもとに「ブレーキに異常なし」と判断。男性には同容疑が認められるが、被害者のけがが軽く、示談が成立していることなどから起訴猶予とした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 21:02 | 社会  

<< ドコモ、新ブランド名は「Xi」 茨城-上海4000円いきなり“... >>