サッポロ、ベトナム事業開始を来秋に前倒し

7月29日2時14分配信 産経新聞

 サッポロホールディングス(HD)は28日、ベトナムでのビール事業の開始時期について、当初の平成24年中から23年秋に前倒しする方針を明らかにした。急拡大するビール需要をいち早く取り込む。また南部のホーチミン近郊に加え、北部のハノイ周辺に第2工場を建設することも検討。ベトナムから「サッポロ」ブランドのビールを周辺国に輸出し生産拠点とする。

 ベトナムのビール市場は今後10年間で現在の約3倍に拡大し、日本に匹敵する年600万キロリットルまで成長すると見込まれている。

 サッポロでは昨年、ベトナム国営たばこ公社「ビナタバ」と合弁で、ビールを生産・販売する子会社「サッポロ・ベトナム」を設立することで合意。当社はホーチミン近郊に工場を建設し、24年中の生産・出荷開始を計画していたが、現地の年末商戦でのブランド浸透を狙い、23年秋に前倒しすることにした。

 ホーチミンの工場では、「サッポロ」ブランドのプレミアム(高級)ビールを生産。10年以内に年約20万キロリットルの生産を目指す。

 サッポロではベトナムを生産拠点と位置づけ、数年後には日本から輸出していたタイやシンガポール、マレーシア向けをベトナム製に切り替える。アジアでのシェア拡大に合わせ、5~10年後を目標にハノイにも工場を建設したい考えだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 02:14 | アジア・大洋州  

<< 「日本にオロオロするな」米紙、... 7千億円が使途不明に 米管理の... >>