パイプライン爆発炎上=中国大連

2010年7月17日1時6分 朝日新聞

 【北京時事】新華社電によると、中国遼寧省大連市で16日夕(日本時間同日夜)、大連新港付近のパイプラインが爆発し炎上した。事故当時、埠頭(ふとう)ではタンカーから石油の荷下ろし作業が行われていたが、タンカーは安全な場所に避難し、死傷者の報告はないという。

 400人以上の消防隊員、100台を超える消防車が出動。爆発炎上した直径90センチのパイプラインは同日深夜までに、ほぼ火が消し止められたが、引火した同70センチのパイプラインは延焼中。当局が出火原因を調べている。 

[時事通信社]
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-17 01:06 | アジア・大洋州  

<< ローマ盗掘品17億円分、日本人... 種牛殺処分へ、東国原知事「国の... >>