中国、2026年W杯招致へ 日本の22年招致の障害に

2010.7.17 17:20 産経新聞

 【北京=川越一】自国の代表が出場していないにもかかわらず、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に対する熱狂度は“世界レベル”だった中国が、2026年大会の招致に乗り出す。南ア大会の成功に触発されたようで、北京五輪、上海万博に続き、W杯で国威発揚をもくろんでいる。

 国家体育総局の崔大林副局長らと南ア大会を視察した中国サッカー協会の韋迪主任(会長)が、スポーツ専門紙、体壇週報に語った。中国は18年、22年大会の招致を、代表チームの実力不足、国際サッカー界での存在感の薄さを理由に断念した。

 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングが低い南アが大過なく開催したことで方向を転換、協会は近く、招致を訴える視察報告書を体育総局に提出する。

 韋主任は「W杯開催はサッカーの発展や商業的な価値だけでなく、南アフリカを国家として結束させることに役立った」と指摘。チベットや新疆ウイグル自治区など火種を抱える中国としても、民族団結に利用しない手はない。

 中国は現在、国際サッカー連盟(FIFA)ランク78位。サッカー賭博や協会の腐敗も明るみに出て、代表チームは国内のファンからそっぽを向かれている。実は南アのサッカー界もかつては不正が蔓延していた。W杯開催を期に海外からの協力を得て浄化を成し遂げた。国内リーグの“改革”を掲げる韋主任にとって南アは格好のお手本だ。

 FIFAのブラッター会長は13億人超の人口を抱える“巨大市場”でのW杯開催を望んでいるとささやかれてきた。韋主任は体壇週報に「アジアの国の22年大会招致が不成功に終わることを願っている」と述べており、中国の動きは22年大会招致を目指す日本の大きな障害になりかねない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-17 17:20 | アジア・大洋州  

<< 米アップル、1年前にiPhon... 「主人は不器用でも嘘はつかなか... >>