「使うと疲れが取れた」 築地市場内で覚醒剤やり取り 勤務の運送会社員ら逮捕

2010.7.14 11:56 産経新聞

 自宅などで覚醒(かくせい)剤や大麻を所持するなどしたとして、覚せい剤取締法違反(所持、譲渡など)と大麻取締法違反(所持、譲渡)の疑いで、警視庁渋谷署が、築地市場内で勤務する運送会社社員ら男7人を逮捕していたことが14日、同署への取材で分かった。

 同署によると、いずれも容疑を認めている。市場内で覚醒剤や大麻をやり取りしたこともあったといい、逮捕された1人は「深夜や早朝の肉体労働がきつかったが、覚醒剤を使うと疲れが取れた」と供述している。

 逮捕されたのは、市場内で魚の運搬作業に従事する20代~40代の運送会社社員や元社員、アルバイトら計6人のほか、うち1人が利用していたガソリンスタンド従業員1人。うち6人はすでに起訴されている。

 同署の調べによると、7人は1~6月、都内の自宅などで覚醒剤や大麻を所持したり、譲り渡したりしていたほか、自宅などで使用した疑いが持たれている。

 同署によると、7人のうち複数人が覚醒剤と大麻を購入していたとみられる。うち1人は「密売人から売ってもらった」と話しており、同署は入手ルートなどを調べている。


<覚せい剤取締法違反>築地市場で譲渡 鮮魚運搬社員ら逮捕
7月14日11時59分配信 毎日新聞

 今年1~6月、東京都中央区の築地市場内で覚せい剤や大麻を譲り渡すなどしていたとして、市場内で鮮魚を運搬する運送会社員やアルバイトの男ら7人が、覚せい剤取締法違反(所持、使用、譲渡)と大麻取締法違反(所持、譲渡)の両容疑で警視庁に逮捕されていたことが分かった。男らは「仲間内で市場内や会社の寮で譲り渡していた」と供述しているといい、入手経路を調べている。

 警視庁渋谷署によると、7人はいずれも都内に住む20~40代の男で、うち6人は同じ運送会社に勤める会社員やアルバイト、元社員だった。

 1月中旬、渋谷区内で大麻を所持していた運送会社員を現行犯逮捕したのが発端だった。

 男らは「覚せい剤を使うと、運搬作業の疲れがとれた」などと供述しているという。【町田徳丈】


築地市場内で覚せい剤譲渡か 運送会社員らを容疑で逮捕
2010年7月14日13時1分 朝日新聞

 築地市場(東京都中央区)内の運送会社員の男ら7人が、覚せい剤取締法違反(譲渡、所持など)と大麻取締法違反(譲渡、所持)の疑いで渋谷署に逮捕されていたことがわかった。同署が取材に明らかにした。

 同署によると、逮捕されたのは、都内の運送会社の社員や元社員、アルバイトの計6人と、社員らが利用する都内のガソリンスタンド従業員1人で、20~40代の男。

 7人は今年1~7月、都内の自宅などで覚せい剤や大麻を所持したり、仲間内で有償で譲り渡したりしたなどの容疑で逮捕された。市場内の事務所で覚せい剤などを譲渡することもあったという。一部は「覚せい剤を使うと、夜中の作業の疲れが取れた」と供述しているという。

 7人のうち5人はすでに起訴され、1人が起訴猶予処分となった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-14 11:56 | 社会  

<< 落選の千葉法相、政界は引退へ <日本振興銀>「経営計画は机上... >>