韓国銀、GDP5.9%成長に上方修正

2010/7/12 11:03 日本経済新聞

 【ソウル=島谷英明】韓国銀行(中央銀行)は12日、今年の国内総生産(GDP)伸び率の予測を従来の実質5.2%から同5.9%に上方修正した。輸出をけん引役とする国内の設備投資や民間消費の伸びが当初見通しを上回る勢いで推移しているのが主因。今年の成長率は8年ぶりの高水準となる。

 韓銀の成長率見通しは6月に韓国政府が発表した予想値より0.1ポイント高い水準。一方で来年の成長率予測は従来の4.8%から4.5%に下方修正した。韓銀は景気の回復基調が一段と鮮明になることで物価上昇圧力が強まると指摘、9日に昨年2月から過去最低の年2%にしていた政策金利を0.25%引き上げた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 11:03 | アジア・大洋州  

<< 「民主党の実行力なさに失望」 ... 日銀初の女性支店長 >>