国連軍との大佐級接触、北朝鮮が突然の延期通告

2010年7月13日10時36分 朝日新聞

 【ソウル=牧野愛博】在韓国連軍によれば、13日午前に板門店で予定されていた国連軍と北朝鮮軍による大佐級実務接触が延期になった。北朝鮮軍側が直前になって、「行政的な理由」で延期を要請してきたという。新たな日程は決まっていない。

 国連軍は、韓国哨戒艦沈没事件が北朝鮮軍による朝鮮戦争休戦協定違反にあたるとして、北朝鮮軍に通告するための軍事会談を要求。北朝鮮軍側も「北朝鮮への名指し非難」を盛り込まない国連安全保障理事会議長声明案が固まった9日、会談の議題などを調整する実務接触に応じる考えを示していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-13 10:36 | アジア・大洋州  

<< ファーストリテイリング、グラミ... 「ノアの箱船」トウガラシの種が... >>