スリランカの国連施設、閉鎖へ 閣僚の業務妨害に抗議

2010年7月9日23時3分 朝日新聞

 【ニューヨーク=山中季広】国連の潘基文(パン・ギムン)・事務総長は8日、スリランカの閣僚がコロンボ市内にある国連施設前で連日、大規模なデモやハンガーストライキを強行していることに抗議し、国連施設を閉鎖すると発表した。

 発端は、国連が6月下旬、内戦の最終局面でスリランカ政府軍が市民数千人を殺害した疑惑を調べる専門家パネルを設置したこと。これに反発したウィマル・ウィーラワンサ住宅・建設相は6日、数百人規模のデモを率いて国連施設を包囲した。7日以降も、座り込みやハンストで国連職員を施設内に閉じこめ、業務を妨害している。

 潘事務総長は「閣僚が群衆を率いて国連業務を妨害するとは許しがたい」と強く非難した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-09 23:03 | アジア・大洋州  

<< 「菅さん、やはり野に置け」―自... 粉ミルクにまたメラミン混入 中... >>