被告の外国人弁護人解任

2010年7月10日 朝日新聞

 【プノンペン=藤谷健】1970年代のカンボジアで自国民を虐殺したポル・ポト政権の元幹部らを裁く特別法廷で、殺人などに問われ、26日に最初の判決を言い渡される予定のカン・ケク・イウ元収容所所長(67)が先月30日、共同弁護人を務めるフランス人弁護士の解任を求め、今月5日に許可された。同法廷が9日発表した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-10 03:00 | アジア・大洋州  

<< 中国各地でUFO騒ぎ=チベット... スカイマークを提訴=外国人機長... >>