重家駐韓大使に男が投石=竹島領有権主張、館員けが-ソウル

2010/07/07-22:53 時事通信

 【ソウル時事】韓国の警察当局と日本大使館によると、ソウル市内で7日夜、重家俊範駐韓大使が講演していた際、韓国人の男(50)が大使に向けてコンクリート片を投げつけた。大使にけがはなかったが、通訳をしていた同大使館員の女性が手の甲に軽傷を負った。

 男は講演後の質疑応答で、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)や歴史教科書問題で日本の姿勢が変わっていないと主張。大使が回答を避けたところ、大きさ7~8センチのコンクリート片を投げつけた。

 男は取り押さえられ、駆け付けた警察官に身柄を拘束された。政治団体の代表を名乗っており、重家大使に以前3度手紙を送ったが返事がなかったと話していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-07 22:53 | アジア・大洋州  

<< 仏の違法献金疑惑、サルコジ大統... 花田勝氏、角界について大いに語る >>