スカイマーク茨城―神戸便運休 国交相「一方的で遺憾」

2010年7月6日22時28分 朝日新聞

 新興航空のスカイマークが、4月に就航したばかりの茨城―神戸線(1日1往復)を9月から運休すると発表したことについて、前原誠司国土交通相は6日の閣議後会見で「何の事前通告もなく、一方的に運航停止するやり方は極めて遺憾だ」と不快感を示した。

 スカイマークは茨城空港を共用する航空自衛隊との調整が必要なことなどを運休理由に挙げたが、前原国交相は「軍民共用は初めから分かっていたはずで、それを理由に休止するのは疑問」と語った。そのうえで「防衛省と茨城県が定時運航のために努力しており、しっかりと受け止めてもらいたい」と述べ、同社に再考を求めた。

 茨城空港の定期便は現在、神戸線とソウル線のみ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 22:28 | 社会  

<< 政府対タクシン派、対決の構図再... 原油流出のBPに怒りのブブゼラ... >>