健康機器販売で業務停止命令=「岩盤浴以上の効果」と勧誘―栃木、埼玉

7月6日17時19分配信 時事通信

 医療効果があるように装って勧誘し、健康機器を販売したとして、栃木、埼玉両県は6日、健康機器販売会社「チューリップ」(東京都大田区新蒲田)に対し、特定商取引法に基づき、新規勧誘などを6カ月間禁じる業務停止命令を出した。

 栃木県によると、同社は体を温める健康機器「ヒート&ケア」を1台22万~24万8000円で販売。その際、実際には医療効果がないのに「痛いところに当てると効く」「岩盤浴以上に治療効果がある」などと勧誘していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 17:19 | 社会  

<< 「ドブス」動画投稿、首都大の指... 上半期の自殺者1万5900人=... >>