お酒は自殺やうつ病を引き起こす?

2010年7月2日 朝日新聞

◇リスクは格段に高まる 日本人は寝酒に注意

 ホー先生 韓国の人気俳優パク・ヨンハさんが自殺したそうじゃな。

 A 父親の看病疲れや仕事のストレスが指摘されているね。自殺する前にお酒を飲んでいた点も見逃せない。

 ホ どうしてじゃ。

 A 日本も含め、世界各国で自殺した人の3割以上からアルコールが検出されたという報告がある。飲酒が絶望感を深くし、衝動生を高める、と指摘されている。アルコールへの依存は、自殺するリスクを通常の60~120倍高めるという研究もある。

 ホ 「酒は百薬の長」と言われるではないか。

 A ほどほどならね。でも世界保健機関(WHO)によると、飲酒運転や酔ったうえでの暴力による死者は世界で年間250万人にも上る。日本にはアルコール依存症の人が約80万人おり、予備軍も約440万人と推計されている。WHOは5月、アルコールによる健康被害や社会への悪影響を防ぐため決議を採択し、加盟国に対策を求めたよ。

 ホ 飲むと楽しいがのう。

 A それがくせ者。うつ状態が続き、嫌なことを忘れようと酒を飲むうちに依存症になることも多い。長期間の大量飲酒は、うつ病を引き起こす原因になる。依存症の人の3割が、うつ病を併発しているというデータもあるんだ。

 ホ 眠れないときに飲むのはどうじゃ。

 A 不眠時に酒を飲む人は日本では3割とされ、ほかの国よりも多い。アルコールは寝つきをよくするけど、時間がたつと肝臓で分解される。すると逆に覚醒作用を起こし、睡眠が浅くなるんだ。

 ホ うつ病を早く見つけるための国のキャンペーンだよ。不眠は、うつ病の兆候の一つだからね。だからといって「寝酒」には頼るべきではない。キャンペーンでは、啓発用の冊子を酒屋で配り、お酒を買いに来る人へ注意を促した自治体もあった。

 ホ 不眠と酒、うつ病は密接に関係しているんじゃな。

 A 厚生労働省が5月下旬にまとめた「自殺・うつ病対策」にも、アルコール問題の対策強化が盛り込まれた。日本は酔っぱらいにおおらかなところがあるけど、少しずつ変えていかないとね。

(ニュースがわからん!)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-02 03:00 | 社会  

<< 青山学院長に山北氏 20年ぶり... 歓迎、中国の中間所得層 ビザ緩... >>