ミャンマーで初のモーターショー 「国産車」3社出展

2010年6月28日18時55分 朝日新聞

 【ヤンゴン=藤谷健】ミャンマー(ビルマ)で国産車の初のモーターショーが28日まで3日間、最大都市ヤンゴンの国軍ホールで開かれている。国産車はこれまで日本製の中古エンジンなどと、手作りの車体を組み合わせたものが多かったが、今回3社が出展したのは中国からエンジンなど主要部品を輸入して組み立てたワゴン車など。新車は7人乗りで約400万~600万円。同じ種類の日本車なら15年の中古車でも600万円程度する。購入希望者がさっそく列を作っていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-28 18:55 | アジア・大洋州  

<< 新興国は「緊急の会社」? 菅首... 「マツダの街」で起きた悲劇 >>