タイで観光船転覆 42人けが

6月27日 22時52分 NHK

タイ南部のリゾート地で、観光船どうしが衝突して転覆する事故があり、乗客のうち外国人を含む42人がけがをしました。

事故があったのはタイ南部のリゾート地の一つ、サムイ島からおよそ10キロ離れたパンガン島の沖合で、26日夜遅く、2隻の観光船どうしが衝突したあと転覆しました。観光船にはイギリスやオーストラリア、シンガポールなどからの観光客を含む64人が乗っており、地元の警察によりますと、このうち42人が頭を打つなどのけがをして病院で手当てを受けました。乗客の多くはパンガン島で行われた音楽イベントの会場に向かっていたもので、ライフジャケットを着用していたため、駆けつけたレスキュー隊に全員救助されたということです。事故の原因はわかっていませんが、当時現場周辺では激しい雨が降って視界が悪かったということで、警察では関連を調べています。外務省によりますと、これまでに日本人が事故に巻き込まれたという情報は入っていません。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-27 22:52 | アジア・大洋州  

<< 「一緒にやっていける」枝野幹事... “政策面で連携呼びかけたい” >>