職員の9割が市長に異議=議会招集求め上申書-鹿児島阿久根市

2010/06/26-13:27 時事通信

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市議会を開かないまま市職員のボーナスを大幅に減額させる専決処分などを繰り返している問題で、同市職員の約9割に当たる180人が連名で市長に異議を唱える上申書を提出したことが26日、分かった。職員側は「専決処分によることなく、市議会を招集の上、議決を得て処理されますよう、上申いたします」などとし、市長に早急な議会招集などを求めている。

 竹原市長は6月定例市議会を招集せず、8日に市議側からあった臨時会の招集請求にも応じていない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-26 13:27 | 社会  

<< 孔子を引き政界諭す 丹羽・新中... ルモンド売却先、記者会の9割が... >>