W杯観戦後にバー店員殴る=容疑で自称デンマーク人男逮捕-試合結果に立腹?

2010/06/25-16:37 時事通信

 東京・六本木のスポーツバーで、サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本対デンマーク戦を観戦していた20代の自称デンマーク人の男=住所、職業不詳=が日本人の店員を殴ったとして、傷害容疑で警視庁麻布署に現行犯逮捕されていたことが25日、同署への取材で分かった。

 同署によると、男は「注意されたので殴った」と述べ、容疑を認めているという。

 男は知人の外国人ら数人と酒を飲みながら観戦しており、同署は試合結果に腹を立てて暴れた可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。


W杯敗戦に立腹? バー店員殴ったデンマーク人逮捕
6月25日17時46分配信 産経新聞

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本対デンマーク戦をスポーツバーで観戦中、騒いだことを注意した店員を殴ったとして、警視庁麻布署は25日、傷害の現行犯で20代の自称デンマーク籍の男=住所・職業不詳=を逮捕した。同署によると、男は容疑を認めている。男は旅行者とみられ、知人の外国人らと酒を飲みながら観戦していたといい、試合結果に腹を立てて騒いだ可能性がある。

 逮捕容疑は、同日午前5時20分ごろ、港区六本木のスポーツバーで、騒いだことを注意した20代の男性店員を酒のびんで殴り、軽傷を負わせた。

 デンマーク大使館によると、同国代表チームのサポーターは「ローリガン」と呼ばれ、平和主義で知られている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-25 16:37 | 社会  

<< 阿久根市長に善処求める=直接会... 選挙はだまされる方が悪い >>