興奮して?ピンク色のカツオ水揚げ 千葉・勝浦漁港

2010年6月24日7時49分 朝日新聞

b0161323_151419.jpg カツオの水揚げ量が全国有数の勝浦漁港(千葉県勝浦市)で23日朝、口から腹にかけての部分がピンク色のカツオが水揚げされた。八丈島付近で22日朝、宮崎県の南郷漁協所属の第15事代丸が釣り上げた。体長約40センチ、約1.5キロ。船長の松浦健太郎さん(31)は「13年間、漁師の仕事をしているが、こんな色のカツオは初めてだ」と驚いている。

 カツオの行動生態に詳しい茨城大地域総合研究所客員研究員の二平章さんは「釣り上げられる時、興奮状態になったカツオは、体に横シマが浮かび上がる。ただ、体全体がピンク色になるケースは聞いたことがない」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-24 07:49 | 社会  

<< 大相撲地方巡業、ビミョーに予定発表 小谷真生子キャスター 2度目は... >>