ホンダ、中国工場で一部操業停止 部品メーカーでスト

2010年6月23日20時25分 朝日新聞

 ホンダは23日、中国・広州市にある三つの組み立て工場のうち、二つの操業を止めたことを明らかにした。部品のスプリングなどを生産するニッパツ(横浜市)が広州市に持つ現地法人工場で22日夜、ストライキが発生し、その影響で必要な部品が調達できなかったためだ。ストは23日にほぼ収束し、ホンダの工場は24日に操業を再開する見通し。

 ニッパツの工場はトヨタ自動車の広州工場にも部品を供給している。この工場は、大手部品メーカーのデンソーの現地子会社で起こったストの影響で、すでに22日から2本ある生産ラインが止まっており、23日も操業を見合わせた。デンソー子会社のストは23日夜現在も収束せず、労働者側との話し合いが続いているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-23 20:25 | アジア・大洋州  

<< ベトナム、2030年までに原発... 都心から成田空港へ36分 新型... >>