航空機内での「携帯電話」OKに、政府の許可待ち段階―中国

2010年6月24日 12時47分 サーチナ

 中国の航空会社で、機内での携帯電話使用が可能になる見通しだ。中国国際航空、中国南方航空、中国東方航空の中国三大航空会社がこのほど開催した「機内通信フォーラム」で、通信会社と覚書を交わしたことを明らかにした。技術面の問題は解決し、政府関連部門の許可を待っているという。中国新聞社が報じた。

 携帯電話、航空機に新たに取り付けた装置、通信衛星、地上局の順で情報をやりとりする方式で、安全性はすでに実証されたという。航空会社は、旅客獲得につながると期待している。

 上海発米国行きの旅客機内から電話をかけた場合、1分間当たりの料金は15元(約198円)程度の見込み。地上で中国-米国の国際電話をかけた場合の2-3倍の料金だが、船舶電話よりも割安という。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-24 12:47 | アジア・大洋州  

<< わいせつ容疑で京大生逮捕=路上... ギラード氏、豪州初の女性首相 ... >>