<殺人>足に重り、海に沈める 仲間の2少年逮捕…舞鶴

2010年6月23日 12時52分 毎日新聞

 遊び仲間の少年の足に自動車のタイヤホイールを縛り付け、海に突き落として殺害したとして、京都府警は23日、同府舞鶴市内の建設作業員(19)と運送業アルバイト(18)の少年2人を殺人容疑で逮捕した。

 容疑は今月20日午後6時50分ごろ、同市松陰嶋崎の舞鶴西港・大野辺桟橋で、アルバイトの少年が同市の建設作業員、布川由一さん(17)の両足などとタイヤホイール(重さ約10キロ)を長さ6メートルのロープで結び、建設作業員が海(水深約7メートル)に突き落としたとされる。

 府警によると、布川さんらは遊び仲間計7人で同日午後6時ごろから遊泳していた。17~19歳の残る4人のうちの1人が同6時55分ごろ「友人がおぼれている」と119番。約1時間半後に海中に沈んでいるのが見つかった。足が縛られた状態だったため、府警が少年らから事情を聴いていた。ロープやタイヤホイールは現場近くにあったものだという。【林哲平、太田裕之】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-23 12:52 | 社会  

<< IWC総会 日本沿岸での捕鯨を... イオン PB第3のビール販売 ... >>