トヨタ広州工場、操業停止 系列部品メーカーのスト影響

2010年6月22日21時13分 朝日新聞

 トヨタ自動車は22日、系列部品メーカーのストライキの影響で、中国・広州市にある車の組み立て工場の操業を全面停止したことを明らかにした。部品供給が再開されるめどは立っておらず、労使交渉の行方次第では生産停止が長引く可能性もある。

 ストが起こっているのは、大手部品メーカー、デンソーの100%子会社「電装(広州南沙)有限公司」(従業員約1100人)。賃上げや福利厚生の改善を求め、現地従業員が21日朝からストに入った。デンソー広報部によると、22日午後7時時点でも労働者側と交渉中という。

 トヨタの広州工場は、デンソーからセンサーや電子制御の部品供給を受けているが、デンソー側の出荷が止まったため、22日朝から2本ある生産ラインを止めた。トヨタは、「再開時期は未定」(広報部)としている。

 トヨタの広州工場は、中型セダン「カムリ」や小型車「ヤリス」(日本名ヴィッツ)、SUV(スポーツ用多目的車)「ハイランダー」などを生産し、2009年の生産台数は21万台だった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-22 21:13 | アジア・大洋州  

<< 英「消費税」20%に引き上げへ... 自民参院選出馬の後援会幹事長、... >>