タクシン氏、タイ騒乱の調査で日本の支持要請

6月22日17時54分配信 産経新聞

 海外逃亡中のタイのタクシン元首相の代理人でロンドンに拠点を置くロバート・アムステルダム弁護士が22日、都内のホテルで産経新聞と会見した。アムステルダム氏は、騒乱で死傷者が出たことなどについて、「元首相やデモ隊に責任はない」と述べ、タクシン氏が国連の承認を得た第三者機関による調査を求めていると明らかにした。来日中、日本政府に支持を求めるとともに、今後オーストラリアやカナダ、イタリアを訪れ、各国政府に同様の要請を行うという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-22 17:54 | アジア・大洋州  

<< 阿久根市長への抗議決議を可決 ... 国交省、スカイ機長ら4人処分 ... >>