米ニューズウィークに買収提案=断念、他を模索―中国メディア大手

6月19日1時15分配信 時事通信

 【北京時事】18日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国のメディア大手、南方報業グループはこのほど、身売り先を探している米誌ニューズウィークに対しいったん買収を提案したもようだ。最終的には断念したものの、同グループは引き続き他の西側メディアの買収を模索しているという。

 グループ傘下の週刊紙「南方週末」の編集担当者は「提案は自発的なものだ」と強調。一切の政治的な関与を否定した。また、「9カ国語で出版されるニューズウィークは、世界的なコミュニケーション資源と影響力を備え、われわれの目標にふさわしい」と説明している。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-19 01:15 | アジア・大洋州  

<< 米大統領がG20へ人民元切り上... 元Jリーガー町議、今度は反則金... >>