衝突死者「公式統計の10倍」=キルギス暫定大統領

6月18日16時13分配信 時事通信

 【モスクワ時事】キルギスのオトンバエワ暫定大統領は18日付のロシア紙コメルサントとのインタビューで、南部オシやジャララバードでのキルギス人とウズベク系住民の衝突の死者数について、「公式統計の10倍と推測している」と述べ、深刻な虐殺が起きたとの見方を示した。保健省は死者数を191人としている。

 暫定大統領は公式統計に死者の実態が反映されていない理由について、「多くの死者が出た(オシなどの周辺の)村落部では、日没までに(遺体を)埋葬する習慣があるからだ」と指摘した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-18 16:13 | アジア・大洋州  

<< ベトナム、来年から銃殺刑を廃止 シドニーでCEOらが路上で一夜... >>