バンコク伊勢丹、24日に営業再開 83日ぶり

2010年6月17日23時5分 朝日新聞

 タイの政治的混乱の影響で休業していた現地の百貨店「バンコク伊勢丹」が24日、83日ぶりに営業を再開する。入居する建物が放火されたが、店内は延焼を免れ、ガラスケースが割れたり、駐車場のとびらが外れたりする程度の比較的軽い被害で済んだという。

 三越伊勢丹ホールディングスが17日に発表した。入居する建物には、別の百貨店や専門店も入るが、24日に営業を再開するのは伊勢丹だけだという。店内の商品も含めた被害額は不明。

 バンコク伊勢丹は、反政府集会の拠点の近くにあり、4月3日から休業していた。昨年度は31億円の売上高があり、休業で約7億5千万円の売り上げ減が見込まれるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 23:05 | アジア・大洋州  

<< <全日空>羽田に国際4路線開設... 永谷園、大相撲懸賞金から撤退検... >>