ミャンマー中央選管、NLD分派の政党設立を許可

2010年6月17日0時10分 朝日新聞

 【バンコク=藤谷健】ミャンマー(ビルマ)の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん率いる野党、国民民主連盟(NLD)の解党を受け、NLDの元中央執行委員ら一部党員が年内に予定される総選挙に向けて設立申請をしていた新党「国民民主勢力(NDF)」について、中央選挙管理委員会は14日、設立を許可した。15日付の国営紙「ミャンマーの新しい灯」が伝えた。同紙によると、これまで申請した42団体のうち33団体に政党の設立許可が与えられ、32政党が登録したという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 00:10 | アジア・大洋州  

<< <映画>「ザ・コーヴ」上映中止... イルカ保護か食文化か……一部上... >>