フィリピン大統領選、議会がアキノ氏の当選を宣言

6月9日19時42分配信 CNN.co.jp

マニラ(CNN) 5月10日に実施されたフィリピン大統領選の集計結果が9日、同国の上下両院議会で承認され、故コラソン・アキノ元大統領の長男ベニグノ・アキノ上院議員の当選が確定した。

アキノ氏は150万票余りと、2位のジョセフ・エストラダ前大統領を約570万票上回る大差で当選。30日に第15代大統領に就任する。同国の大統領任期は6年で、再選は禁止されている。

アキノ氏の父で民主化運動指導者だったベニグノ・アキノ元上院議員は1983年に暗殺された。遺志を継いだ夫人のコラソン・アキノ氏は86年、「ピープルパワー革命」でマルコス政権を倒し、初の女性大統領となった。

アキノ次期大統領は8日、CNNとのインタビューで、「われわれは国民に仕える奉仕者だ」と述べ、再選禁止規定により「政治的な計算にとらわれることなく、わが国にとって最良の道を自由に決めることができる」と強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 19:42 | アジア・大洋州  

<< 荒井戦略相「読売新聞に抗議したい」 友人救えず? 中3自殺=遺書に... >>