大使館侵入「中国への抗議」=起訴猶予のウアルカイシ氏

2010/06/09-16:57 時事通信

 中国大使館(東京都港区)での建造物侵入事件で現行犯逮捕された天安門事件の元学生リーダー、ウアルカイシ氏(42)が9日午後、東京地検の起訴猶予処分を受けて都内で記者会見し、「中国に対する抗議行動だった。日本の法律に違反したが、理解と許しをいただきたい」と釈明した。

 台湾に亡命したウアルカイシ氏は、中国への入国が認められていない。会見では「中国に帰って監獄に入れられるとしても、両親に会いたい。中国政府との対話も望んでいる」と語った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 16:57 | アジア・大洋州  

<< 阿久根市長を違法と告発 降格人... 広島・山口 調査捕鯨船団出港 >>