日本人僧侶が中国で3度の謝罪「中国から平和賞を受けたい」

6月2日16時38分配信 サーチナ

 日本人僧侶の岩田隆造さんは、自らは参加していない戦争のために、日本が侵略したアジアの国で15年にわたって謝罪してきた。病を患い貧しくのけ者にされてきた74歳の岩田さん。岩田さんは人生の終りまで歩き続けてたいと願っているという。中国網(チャイナネット)日本語版が伝えた。

 岩田さんが中国に謝罪に来たのは今回で3回目だ。前回の2回は2005年と2006年で、ハルビン、長春、北京、天津、洛陽、青島、南京、武漢、重慶などの都市で謝罪を繰り返した。

 岩田さんが来るのは憎しみ継続させるためではない。それとは逆で、仏教の力を拠り所に戦争で亡くなった霊を慰め、謝罪という方法で日中両国の歴史に横たわる傷を補いたいと思っているという。

 中国を初めて訪れたには2005年。その前に岩田さんは、韓国やフィリピンに行って謝罪したが、中国でのこのような苦行僧のような旅を支持する人はほとんどいなかった。

 毎回、何日も続く謝罪の「儀式」で岩田さんは、少しの果物とアメしか口にしない。そのような断食のような状態は、74歳の岩田さんにとってかなり危険な行為である。しかし日本の文化では満腹の人は霊魂と意思疎通できないため、「絶食は私の誠意を表している」と岩田さんは言う。

 しかし日本でこうした誠意はなかなか理解されない。岩田さんの家族は反対し、7人の兄弟も彼の理想を理解せず、寺で岩田さんの言葉に耳を傾ける人はほとんどいない。

 3日の絶食で謝罪したあと、岩田さんは急いで日中友好協会と中国政府の関係部門へ手紙を出した。「中国政府からお金や何か物をもらいたいわけではなく、ただ日中平和賞の賞状を出して欲しいだけだ。中国の人に私の謝罪を認めて欲しい。もし賞を授与してくれれば、それは私のこうした行為が肯定されたことになり、中国へ謝罪に来る日本人も多くなるかもしれない」(編集担当:米原裕子)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-02 16:38 | アジア・大洋州  

<< ガザ支援船襲撃とイスラエルの愚策 弁護士?刺され重体、男逃走 横... >>