タクシン元首相の拘束に本腰?DSIがインターポールに要請

June 02, 2010 07:49 キャプローグ

タイの法務省特別捜査局(DSI)は、国外逃亡中でテロリスト容疑で逮捕状が発行されているタクシン元首相の身柄を拘束するため、全世界に逮捕状のコピーを配布します。タイの英字紙ネーションが伝えています。


DSIの国外事業部は、国際刑事警察機構(インターポール)に加盟する187カ国に逮捕状を配布し、タクシン氏の身柄拘束を要請します。

さらにDSIでは、司法当局に対して、タクシン元首相が国外逃亡以来の生活拠点としている国々に対して、改めて身柄引き渡し要求を行うよう依頼します。

外務省でも、外交ルートを通じて、タクシン氏の逮捕への協力を求める文書を各国に送付します。

これまで、カンボジアを含む数カ国に対して、タクシン氏の身柄引き渡し要求が行われていますが、タクシン氏の身柄確保には至っていません。

また、タクシン氏はドバイに住居を所有するほか、モンテネグロでは市民権を得ているとされており、両国ではタイ政府からの身柄引き渡し要求を無視し続けています。

タクシン氏は、タイ政府によるインターポールへの働きかけについて、政治的な動機によるものであり、要請は受け入れられないだろうとの見解を示しており、また、戦争や紛争に強い国際弁護士を雇用するなど、国際的な議論の高まりを求める動きを見せています。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-02 07:49 | アジア・大洋州  

<< 愛子、長期休養へ…引退の可能性... トヨタはテストコース再考して >>