ホンダ工場で数百人乱闘=スト参加者と政府系労組が対立―中国

6月1日12時6分配信 時事通信

 【香港時事】1日付の香港各紙によると、賃上げ要求ストが続いている中国広東省仏山市のホンダ系自動車部品メーカーの工場で5月31日、会社側を支持する政府系労働組合員とストに参加する従業員合わせて数百人が乱闘になり、7、8人の従業員が負傷した。中国のニュースサイト・財新網の報道などとして伝えた。

 乱闘があったのはホンダの子会社「本田自動車部品製造」。政府系組合員が就業を拒む従業員をビデオで撮影したところ、従業員側がこれを阻止しようとして乱闘になったという。

 一方、ホンダ本社広報部は「スト継続を主張する従業員が作業に復帰しようとする従業員を阻止したことから、労組の組合員との間で小競り合いが起きた」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-01 12:06 | アジア・大洋州  

<< 高齢女性に布団購入迫る=容疑で... コンパ後死亡の歯科大生の上半身... >>