外相補佐官、モンテネグロを訪問し元首相の身柄引渡を要請 - 二重国籍問題が障害

2010/5/28 00:08 タイの地元新聞を読む

 パニット外務大臣補佐官は27日、国交15年目となるモンテネグロとの関係緊密化を期すために同国を訪問する際に、先にテロ容疑で逮捕状が発行されたタクシン元首相のタイへの身柄送還への協力を要請する考えである事を明らかにした。

 尚、訪問時期に関しては、現在モンテネグロ国内で選挙が行われている為未だ同国から回答が来ておらず、またタクシン元首相がタイとモンテネグロの二ヶ国の国籍を持っているため、国際犯罪人としての同元首相の引渡に関する交渉に困難が予想されるという。

 パニット補佐官によると、モンテネグロは自国の市民権を持つ者を国外で法的措置を受ける為に送還した事が一度も無いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 00:08 | アジア・大洋州  

<< 北とイラン、核放棄に応じない場... 出会い系で知り合った女性にニセ... >>