「人民元口座開けます」 HSBC日本支店で27日から

2010年5月27日7時56分 朝日新聞

 香港上海銀行を母体にする英国の銀行「HSBC」が27日から、日本の支店で中国の通貨「人民元」の預金口座を開けるようにする。HSBCに円やドルで1千万円以上預ければ、人民元に両替して新口座を作ることができる。中国を訪れた時に人民元で引き出せるほか、裕福な人が資産運用にも活用できるという。

 HSBCは東京や横浜市、神戸市などにある日本の支店で、中国の支店の人民元口座を開けるようにする。日中を含む世界40万台以上の現金自動出入機(ATM)で出金できる。HSBCは米英仏などで同様の口座開設のサービスをすでに始めている。

 人民元預金の1年定期の金利は年2.25%で、円の預金(最大年0.2%)を大きく上回る。また、人民元は切り上げ観測があり、切り上げられれば、円換算すると資産が増える可能性がある。このため、HSBCは「人民元の口座開設は、顧客から要望が高かった」(担当者)という。

 ただ、管理されているとはいえ、為替変動で損失を被る危険もある。人民元の相場は事実上米ドルと固定している。円高ドル安になれば人民元の円に対する価値も下がり、口座の人民元を円換算すると預けた時より目減りする恐れがある。

 また、口座開設が「解禁」されたとはいえ、まだ大きな制限が残る。開設後に口座に入金できるのは年5万ドル(約450万円)まで。キャッシュカードは日本では発行されないので、キャッシュカードを使って預けた人民元を引き出すには、中国の支店で手続きをしなければならない。中国の外で引き出せるのは年2万ドル(約180万円)に限られてもいる。

 日本で人民元口座を開設できるサービスは、昨年12月に中国政府系の中国銀行が始めた。ただ、日本の支店の口座になり、出金は日本でしかできない。(大日向寛文)
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-27 07:56 | アジア・大洋州  

<< コラートで野菜価格が高騰 三菱ガス化学の費用負担が確定 ... >>