色は匂えど

2010/5/26 (21:07) newsclip.be

b0161323_13304687.jpg 【タイ】タクシン元首相派による長期占拠と放火で大きな被害を受けたバンコク都心のラチャプラソン交差点で26日、仏教僧侶数百人による大規模な托鉢が行われた。シリキット王妃の誕生日の色である「青」のカバンを持った僧侶が目立ったほか、托鉢に応じるため集まった人の中には青い襟のピンク(プミポン国王の健康を祝う色)のポロシャツという集団もいた。

 タイの政治闘争は当初、タクシン派が「赤」、反タクシン派が「黄」(プミポン国王の誕生日の色)という色分けだったが、その後、「青」や「ピンク」も政治的な色付けがされ、もめごとを避けるため、こうした色の服を避ける市民も増えている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-26 21:07 | アジア・大洋州  

<< 美術評論家の針生一郎さん死去 ... ご注意!ローラー付きシューズ ... >>