赤シャツ豪男性「私は元首相の信奉者」、豪大使館が接見予定

May 26, 2010 15:05 キャプローグ

オーストラリア大使館の職員は26日、非常事態法に違反する行為を行ったとして拘束されているオーストラリア人男性を、数日中に接見する予定であることを明らかにしました。タイの英字紙ネーションが伝えています。


オーストラリア人男性コナー・デヴィット・パーセル容疑者(29)は、元オーストラリア軍の軍人と伝えられ、最長2年間の禁固刑が言い渡される可能性があります。

コナー容疑者は既に、滞在ビザが失効しているにも関わらずタイ国内に滞在していたとして禁固刑の2ヶ月の執行猶予が言い渡されていますが、バンコク都内で発生した暴動に関与していた疑いが持たれており、再逮捕されました。

コナー容疑者は、赤シャツ軍団がバンコク都心のラチャプラソン交差点を1ヵ月半以上に渡り占拠したデモ集会のステージで、演説を行っていました。

オーストラリア外務省の報道官は、滞在ビザの件で逮捕された24日の段階で一度、パーセル容疑者を訪問していますが、今回の再逮捕を受け、数日中に再度、容疑者と接見する考えを明らかにしました。

コナー容疑者は、自身がオーストラリア軍の元軍人で、西オーストラリアで大学を卒業したと話すと共に、タイのタクシン元首相の信奉者であると供述しています。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-26 15:05 | アジア・大洋州  

<< 容疑者「衝撃感じたが運転続けた... トルシエ氏、岡田采配を批判「9... >>