北朝鮮の反応を注視=哨戒艦事件で緊張懸念―中国

5月25日17時15分配信 時事通信

 【北京時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は25日の定例会見で、哨戒艦沈没をめぐる韓国の調査結果や李明博大統領の談話発表と同様に、「(北)朝鮮の反応も注視している」と述べ、北朝鮮が制裁強化を迫る韓国などの動きに猛反発していることに強い懸念を示した。

 姜副報道局長はまた、「北東アジアの平和安定に背く行為にはすべて反対だ」と強調。「現在の情勢下では、いかなる措置も朝鮮半島の平和安定維持を助けるものでなければならない」とも指摘し、国連安保理による制裁強化などで北朝鮮を孤立させる動きをけん制した。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 17:15 | アジア・大洋州  

<< 夜間外出禁止令を延長=元首相に... 保護者の苦情こう解決して 大阪... >>