タイ人女性を買春目的で日本に不法入国させた疑いでバンコクに住む日本人2人を逮捕

5月25日0時47分配信 フジテレビ

タイ人女性を買春目的で日本に不法入国させ荒稼ぎしていたとして、バンコク市内に住む飲食店経営の日本人2人が、現地の警察に逮捕された。

逮捕されたのは、とんかつ店を営む別宮光一郎容疑者(61)ら日本人2人。

別宮容疑者をめぐっては、千葉県警も出入国管理法違反の疑いで逮捕状を取っていて、タイ警察は司法手続き終了後、日本に身柄を引き渡す方針。


バンコクの有名とんかつ店「べっく」オーナー別宮容疑者を逮捕
May 25, 2010 08:46 キャプローグ

タイ警察は24日、バンコクの有名とんかつ店「ベック」オーナーの別宮光一郎(べっく・こういちろう)容疑者を、タイ人女性を売春目的で日本に不法入国させ荒稼ぎしていた容疑で逮捕しました。また、同容疑者は出入国管理法違反の疑いがもたれており、千葉県警が逮捕状を取り捜査を進めていました。日本のテレビなどが伝えています。

とんかつ店「べっく」は、在タイ日本人が多く居住するスクムビットエリアに2店舗(トンロー、スクムビットsoi24)を構え、日本人のみならずタイ人にも人気を集める有名店で、在タイ日本人の利用する掲示板「タイちゃんねる」などでは既に、オーナーの逮捕に関する話題が大きな注目を集めています。

タイ警察では、別宮容疑者の身柄を日本に引き渡す方針を示しており、タイ国内での司法手続きが終わり次第、日本国内で取調べが行われる模様です。

また、別宮容疑者と共に、日本人男性1人が逮捕されています。


逮捕された別宮容疑者と、とんかつ店「べっく」は関連なし
May 25, 2010 11:10 キャプローグ

当サイトにて「バンコクの有名とんかつ店「べっ く」オーナー別宮容疑者を逮捕」と報じたニュースについて、信頼のおける情報筋からの情報を得ましたので、記事内容を訂正させていただきます。

タイ当局によって逮捕された別宮光一郎(べっく・こういちろう)容疑者は、バンコクのとんかつ店「べっく」オーナーの近親者であることは事実ですが、とんかつ店への資金提供を含む経営一切に関与していませんでした。

当初、とんかつ店「べっく」に対しても、同容疑者の逮捕容疑に関与した疑いが持たれていましたが、既に捜査当局からも無実・無関係であるとの判断が出させれています。

以上、記事内容の訂正と共に、とんかつ店「べっく」の関係者各位に対して、謝罪をさせていただきます。

誠に申し訳ございませんでした。


入管、日本人2人を人身売買容疑で逮捕
2010/5/26 17:25 タイの地元新聞を読む

 各報道によると、入国管理警察局は26日昼前記者会見を開き、タイ人を違法に日本国内に入国させた容疑で同国の警察当局から逮捕状が発行されているB容疑者(61)とT容疑者(66)を逮捕した事を明らかにした。

 B容疑者は、バンコクのラクシー区ヂェーンワタナ通りにある合同庁舎前で、T容疑者はバンコクのバーンケーン区リヤボウォンウェーン通り上で逮捕された。

 調べによると、2人は10人以上のタイ人や日本人のエージェントと共に書類を偽造しタイ人や中国人を日本やアメリカ等に違法に送り込んでいた。

 これまでの取り調べに対して2人は、人身売買組織と共にタイ人1人あたり70万バーツで日本に、中国人1人あたり80万バーツでアメリカやカナダに違法に送り込み、1人あたり8万から10万バーツの報酬をエージェントから受け取っていたと供述しているという。

 警察によると、13年以上タイ国内に滞在しているT容疑者は人身売買組織の首領格で、バンコクのスクムウィット通りソーイ24や同55内に日本食レストランを開業する傍らで300人を下らないタイ人を違法に就労させる目的で日本に送り込んでいたという。

Links: 関連記事
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 00:47 | アジア・大洋州  

<< 「日本海庄や」の経営会社に賠償... 流行のブレスレット、性犯罪を誘... >>