低価格帯居酒屋の出店を加速/コロワイド東日本

5月24日22時45分配信 カナロコ

 外食チェーンのコロワイド東日本(横浜市西区)は、低価格帯居酒屋の出店を加速する。不採算店の業態転換と新規出店により、2009年度の約3倍となる約100店舗まで拡大する計画。

 北海道、関東、関西地区で展開する約470店のうち、居酒屋を中心に60店弱を低価格の居酒屋「えこひいき」に転換。関東、関西地区を中心に約20店舗を新規出店する。個人消費の冷え込みにより減少した来客数の回復を狙う。

 コロワイド東日本は、居酒屋「甘太郎」、イタリアン「ラパウザ」など全40業態を展開。「えこひいき」は料金が均一の313円。平均客単価は2千円台前半と居酒屋としては低め。20~50代の働く女性やビジネスマンが主要顧客層で、郊外店ではファミリー層も多いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 22:45 | 経済・企業  

<< 岡田監督、口頭で進退伺=犬飼会... ブリーラム県でレプトスピラ症が流行 >>