ブリーラム県でレプトスピラ症が流行

2010-05-24 21:15 タイ通

 タイ東北部ブリーラム県でレプトスピラ症が流行し、感染者146人、死亡1人の被害が出ている。

 感染者の多い地域はクームアン郡、ムアンブリーラム郡、ラハーンサーイ郡、プラコーンチャイ郡、ナーポー郡。

 感染者の多くは、長時間、直接水に触れて仕事をしている農作業従事者であり、雨季に入る時期で、農作業を始める時期でもあることから、今後も感染者が増えると見られている。

 レプトスピラ症とは、病原性レプトスピラの感染による人獣共通感染症。汚染された水や土壌から経口・経皮的に感染し、ヒトからヒトへの感染は起こらない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 21:15 | アジア・大洋州  

<< 低価格帯居酒屋の出店を加速/コ... 口蹄疫ウイルスどこから侵入 同... >>