島田紳助激怒騒動の真相

2009/10/19 10:00 日刊ゲンダイ

●後ろ盾がうるさ型ときて…

 島田紳助が人気特番「オールスター感謝祭」(TBS)の生放送中にブチ切れて大暴走した騒動の真相がやっとわかった。事前の挨拶もなく、やる気が感じられなかった若手お笑い芸人「東京03」に対して「おまえら潰すぞ!」と声を荒らげ、髪の毛や胸ぐらを掴んで大暴れした一件だ。
「紳助が矛を収めた裏には、大物芸能人の存在があった」(芸能関係者)というのだ。

 この騒動は番組終了直後に「東京03」の3人と所属事務所「人力舎」の女性マネジャーが紳助に土下座して謝罪したという。紳助は一応は落ち着きを取り戻し、その後は東京03も局内で行われた打ち上げに参加。2次会にも出席したという。

 2次会ではタレントの渡辺正行が東京03を紳助の前に連れて行き「もう詫(わ)びも入れたし、許してあげてはどうか」と仲介の労を取り、一連の騒動は収束したようだ。

 しかし、“瞬間湯沸かし器”化が進む紳助にしては大人の対応だったという見方もあって――。

「実は『人力舎』の芸人を仕切るチーフマネジャーは大竹まことの息子なんです。若手が涙ながらに詫びを入れたにもかかわらず、許さずに殴ったりすれば、もはや当事者同士ではなく、会社同士の争いになるのは必至。しかも、“後ろ盾”はうるさ型の大竹です。渡辺正行のメンツも潰すことになるし、さすがの紳助も矛を収めるしかなかったのです」(芸能関係者)

 芸能界の人間関係の複雑さを垣間見る騒動だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-19 10:00 | 社会  

<< 創業業態「すかいらーく」消滅へ... 敗れた東京五輪、まだ資金集め ... >>