“島田紳助”戦慄の「ブチきれ現場」

2009/10/12 10:00 日刊ゲンダイ

●「クイズどころじゃない」

 島田紳助が生放送中に若手芸人「東京03」にブチきれた騒動。“事件”が起きたのは今月3日に放送された「オールスター感謝祭09」(TBS)。芸能人200人がひな壇に並んで生放送でクイズに答える人気番組だが、司会の紳助が突然、ひな壇を駆け上がり、「東京03」に対し「やられたいんか!」「おまえら、あとでつぶすぞ!」と声を荒らげ、髪の毛や胸ぐらを掴んで大暴れした一件である。この様子はテレビでもばっちり放送されて今も大騒ぎである。

 当日、番組に出演していたある芸能人がこう振り返る。

「もうクイズどころじゃないですよ。怒鳴りつけられた若手芸人は顔面蒼白(そうはく)。騒動が収まっても、みんな、彼らに視線はクギ付けで、後の時間はもう、ボタンなんか適当に押していました」

 紳助が激怒した理由は、東京03のやる気のなさそうな態度だったそうだが、「決してそうは見えなかった。いきなり血相を変えた紳助に怒鳴りつけられた『東京03』もワケがわからなかったのではないか」。この芸能人がこう語るほどに、紳助の行動は突発的だったようだ。

●これで何度目だ!? 

 もっとも、紳助の“暴力沙汰”は今回が初めてではない。

 02年の日韓W杯開催中、伊丹空港で一般人を相手に大立ち回りを演じて騒動を起こした。また、04年には吉本興業の女性マネジャー殴打事件を起こし、タレント活動を一時、自粛した。

 それ以外にも「紳助はおもろない」と言い放った若手芸人を殴った騒動や、テレビ局の受付の態度が気に食わず、怒鳴りつけたエピソードなど、紳助の“大暴れ”は数え切れない。

「紳助は今、週末の2日間に仕事を集中させ、残りの日を別荘がある石垣島で過ごしている。悠々自適の日々で、そんなにイラつく理由はないはずですが」(芸能関係者)

 テレビ界では怖いものなしの大御所になった紳助。一体、何が暴挙に駆り立てたのか――。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-12 10:00 | 社会  

<< 『血税空港』本日も遠く高く不便... 日航に「私的再建手続き」…政府... >>